エネルギー当局、電力・ガス市場改革を延期

エネルギー業界の監督機関Ofgemは電力・ガス価格に関する市場改革の実施を数カ月延期する方針だ。フィナンシャルタイムズが10日伝えた。

Ofgemは昨年、複雑化している電力・ガス価格体系を簡素化する方針を決定。その中で、電力とガスの両方を契約する顧客に対する割引、ダイレクトデビットやオンライン支払いを選択した場合の割引については不公正とし、禁止する方針を示した。

これに対し業界からの意見聴取では、こうした措置は消費者の利益にならないとして反対意見が相次いだ。電力・ガスの両方を契約した場合の世帯当たり年間料金は大手6社の平均で1,310ポンドで、こうした割引は合計で130ポンドに相当するという。

Ofgemは業界の意見を踏まえ、冬までに追加の提案を公表するとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン