• 印刷する

エネルギー当局、電力・ガス市場改革を延期

エネルギー業界の監督機関Ofgemは電力・ガス価格に関する市場改革の実施を数カ月延期する方針だ。フィナンシャルタイムズが10日伝えた。

Ofgemは昨年、複雑化している電力・ガス価格体系を簡素化する方針を決定。その中で、電力とガスの両方を契約する顧客に対する割引、ダイレクトデビットやオンライン支払いを選択した場合の割引については不公正とし、禁止する方針を示した。

これに対し業界からの意見聴取では、こうした措置は消費者の利益にならないとして反対意見が相次いだ。電力・ガスの両方を契約した場合の世帯当たり年間料金は大手6社の平均で1,310ポンドで、こうした割引は合計で130ポンドに相当するという。

Ofgemは業界の意見を踏まえ、冬までに追加の提案を公表するとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、12月は0.6%に加速(01/21)

生産者物価、12月は0.4%低下(01/21)

英国内最大漁港、水揚げ量が減少=EU離脱(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

シェル、ごみ由来航空燃料の生産から撤退(01/21)

米ウェザーフォード、英製造部門の閉鎖検討(01/21)

自動車ボクソール、新トップに元日産幹部(01/21)

第一三共、欧州でがん治療薬が販売承認(01/21)

国際高速鉄道ユーロスター、経営破綻も(01/21)

英、400万人超に初回のワクチン接種完了(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン