エネルギー当局、電力・ガス市場改革を延期

エネルギー業界の監督機関Ofgemは電力・ガス価格に関する市場改革の実施を数カ月延期する方針だ。フィナンシャルタイムズが10日伝えた。

Ofgemは昨年、複雑化している電力・ガス価格体系を簡素化する方針を決定。その中で、電力とガスの両方を契約する顧客に対する割引、ダイレクトデビットやオンライン支払いを選択した場合の割引については不公正とし、禁止する方針を示した。

これに対し業界からの意見聴取では、こうした措置は消費者の利益にならないとして反対意見が相次いだ。電力・ガスの両方を契約した場合の世帯当たり年間料金は大手6社の平均で1,310ポンドで、こうした割引は合計で130ポンドに相当するという。

Ofgemは業界の意見を踏まえ、冬までに追加の提案を公表するとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道政治

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン