• 印刷する

洋上風力、2015年にGDP0.2%押し上げ

英国の洋上風力発電産業は2015年までに国内総生産(GDP)を0.2パーセントポイント押し上げる――。シンクタンクの経済ビジネス・リサーチ・センター(CEBR)は12日に明らかにした報告書の中で、このような見通しを明らかにした。二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指した再生可能エネルギー利用の柱である洋上風力発電は、経済面でも大きな効果をもたらすとしている。

CEBRは2020年に洋上風力発電の総設置容量が1,700万キロワットに達するとのシナリオに基づき、風力発電産業が輸出や雇用、GDPに与える影響をマクロ経済モデルを使って算出した。

それによると、GDPへの寄与度は2020年までに2倍の0.4ポイントに広がる。また正規雇用者数は2015年までに4万5,000人、2020年までにには9万7,000人に増加。さらに2030年までにはGDPへの寄与度は0.6ポイント、雇用は17万3,000人と、経済効果はさらに高まるとみている。

政府は低炭素化と経済成長の両面から洋上風力発電の利用に力を入れており、発電施設建設の促進や発電機メーカーの工場誘致を積極的に進めている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ジュリアス・ベア、南アに事務所開設(11/12)

GDP成長率、0.6%に加速 温暖な気候とW杯で消費拡大(11/12)

リシュモン、上半期は2.5倍弱に増益(11/12)

KPMG、英大企業へのコンサル業務を制限(11/12)

鉱工業生産、9月は横ばい(11/12)

貿易収支、9月は赤字縮小(11/12)

英中銀、金融分野のサイバー攻撃想定の訓練(11/12)

JLR、電動バイク「ベクター」に出資(11/12)

BMWのカーシェア、ロンドンで地域拡大(11/12)

スペイン、観光客は鎮痛剤ノロティル買えず(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン