洋上風力、2015年にGDP0.2%押し上げ

英国の洋上風力発電産業は2015年までに国内総生産(GDP)を0.2パーセントポイント押し上げる――。シンクタンクの経済ビジネス・リサーチ・センター(CEBR)は12日に明らかにした報告書の中で、このような見通しを明らかにした。二酸化炭素(CO2)排出量削減を目指した再生可能エネルギー利用の柱である洋上風力発電は、経済面でも大きな効果をもたらすとしている。

CEBRは2020年に洋上風力発電の総設置容量が1,700万キロワットに達するとのシナリオに基づき、風力発電産業が輸出や雇用、GDPに与える影響をマクロ経済モデルを使って算出した。

それによると、GDPへの寄与度は2020年までに2倍の0.4ポイントに広がる。また正規雇用者数は2015年までに4万5,000人、2020年までにには9万7,000人に増加。さらに2030年までにはGDPへの寄与度は0.6ポイント、雇用は17万3,000人と、経済効果はさらに高まるとみている。

政府は低炭素化と経済成長の両面から洋上風力発電の利用に力を入れており、発電施設建設の促進や発電機メーカーの工場誘致を積極的に進めている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道商業・サービス社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン