政府のEV普及目標、達成は困難も

政府が掲げる電気自動車(EV)100万台の普及目標の達成は難しい――。産業界の代表からなる専門委員会全国電気自動車プラットフォーム(NPE)が政府に提出する報告書の中で、このような見方を示している。20日付経済紙ハンデルスブラットが伝えた。

それによると、政府は2020年までの100万台普及を目指しているが、NPEの試算では普及台数は60万台にとどまる見込み。NPEは政府がこれまでに明らかにしている支援策だけでは目標達成は難しいと指摘。助成拡大を促している。

NPEは今後、政府が定めたEV促進のモデル地区で集めたデータや国内メーカーのEVモデル購入者を対象としたアンケート調査を基に、より詳細な普及予測を作成する計画。この過程で一連の支援策がどの程度の効果を上げているかが明らかになる見通しだ。なおEV助成の開始時期については、EVの量産が実現し、充電スタンドなどのインフラが整った後に本格化させるべきとの考えを示している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

中国の自動車関税引き下げ、BMWなど恩恵(05/23)

独フェスト、ブルガリア工場に追加投資(05/23)

ギリシャの農協、ステビア加工工場開設も(05/23)

【欧州企業よもやま話】第250回・ミーレ ドイツが誇る家電の老舗(05/23)

独経済は堅調を維持=連銀月報(05/23)

ズベルバンク、トルコ子会社売却で合意(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

シーメンス、クリーン・モーションと提携(05/23)

グラマー、米自動車部品TMDを買収へ(05/23)

南ア政府、BMWなどに生産倍増を呼び掛け(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン