• 印刷する

政府のEV普及目標、達成は困難も

政府が掲げる電気自動車(EV)100万台の普及目標の達成は難しい――。産業界の代表からなる専門委員会全国電気自動車プラットフォーム(NPE)が政府に提出する報告書の中で、このような見方を示している。20日付経済紙ハンデルスブラットが伝えた。

それによると、政府は2020年までの100万台普及を目指しているが、NPEの試算では普及台数は60万台にとどまる見込み。NPEは政府がこれまでに明らかにしている支援策だけでは目標達成は難しいと指摘。助成拡大を促している。

NPEは今後、政府が定めたEV促進のモデル地区で集めたデータや国内メーカーのEVモデル購入者を対象としたアンケート調査を基に、より詳細な普及予測を作成する計画。この過程で一連の支援策がどの程度の効果を上げているかが明らかになる見通しだ。なおEV助成の開始時期については、EVの量産が実現し、充電スタンドなどのインフラが整った後に本格化させるべきとの考えを示している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

シーメンス、株主が電力部門の分離を承認(07/13)

シェアナウ、ハンガリーで法人サービス開始(07/13)

独検察、資金洗浄疑惑でワイヤーカード捜査(07/13)

ワイヤーカード、元幹部が神経剤の文書保持(07/13)

独食肉処理場での集団感染、豚の卸価格下落(07/13)

ミュージック・トライブ、マレーシアに工場(07/13)

タイ社、ドイツの洋上風力発電所に初出資(07/13)

独、男女平等に向けた国家戦略を閣議決定(07/10)

ダイムラーCEO、コスト削減規模を拡大へ(07/10)

DHL、従業員50万人にボーナス300ユーロ(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン