• 印刷する

ユーロ圏経済、ゼロ成長か エネルギー危機が影響=世銀予想

世界銀行は10日に発表した世界経済の成長見通しの中で、今年のユーロ圏の域内総生産(GDP)成長率がゼロ%にとどまるとの見方を示した。エネルギー危機と予想を上回る金融引き締め策を背景に、昨年6月時点の予測から1.9ポイント引き下げている。

2022年のユーロ圏GDP成長率(推定値)は3.3%と、前回予測を0.8ポイント上回った。世銀はこの理由について、昨年前半の経済活動が予想を上回ったためとしている。ただ昨年後半からは、エネルギーの価格高騰と供給不安、資金調達コストの上昇を受け経済活動が著しく低下したと指摘。ユーロ圏GDPは23年前半に縮小した後、年後半に安定するとみている。

ユーロ圏GDPは24年には1.6%増に回復する見通し。

欧州・中央アジアの22年のGDP成長率は0.2%のプラスとなり、予想を3.2ポイント上回った。23年の成長率見通しは0.1%と、1.4ポイント下方修正している。うちロシアは3.3%縮小する見通し。トルコは2.7%の伸びを見込んでいる。

世界経済の今年の成長率は1.7%となり、前年の2.9%から減速すると予測。昨年6月時点の予測と比べ1.3ポイント下方修正している。インフレ加速と金利上昇、投資縮小、ロシアのウクライナ侵攻による混乱を背景に、世界経済は急速に縮小しているとし、24年の成長率見通しも2.7%と、前回から0.3ポイント引き下げている。


関連国・地域: EUトルコロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

クロアチア、クリーン水素開発でEUと提携(06/20)

EU、中国との関係が大幅悪化も=貿易摩擦(06/20)

中国、モロッコで欧州向け電池製造を加速(06/20)

次期NATO事務総長、オランダ首相が有力(06/20)

ユーロ圏建設業生産、4月は0.2%減少(06/20)

EU、印鉄鋼の輸入制限延長(06/20)

シンガポール社、欧州で砲弾受注(06/20)

欧州委、中国製チタンに高関税か(06/20)

EU、トップ人事で結論先送り=月内再協議(06/19)

独自動車大手、随行せず 副首相の訪中=部品メーカーのみ(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン