• 印刷する

12月は上昇も分岐点割れ ユーロ圏総合PMI=確定値

米国の金融情報サービス大手S&Pグローバルは4日、2022年12月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景気指数、確定値)が49.3となったと発表した。速報値から0.5ポイント引き上げられ、11月からは1.5ポイント上昇。過去5カ月で最高となったが、景気の「改善」と「悪化」の境目である50は6カ月連続で下回っている。

調査対象国のうち、ドイツは49と速報値から0.1ポイント引き上げられ、11月からは2.7ポイント上昇。過去6カ月で最も高い。フランスは49.1と速報値から1.1ポイント上方修正され、前月からは0.4ポイント上向いた。イタリアは49.6、スペインは49.9にそれぞれ上がった。

ユーロ圏総合指数のうち、新規受注の縮小幅は22年7月以降で最小となり、輸出向けの落ち込みペースは過去4カ月で最も緩やかだった。雇用の拡大幅は過去21カ月で最小となった前月からほぼ変化がなかった。仕入れ価格の上昇ペースは過去19カ月で最も緩やかで、出荷価格の伸びは1年ぶりの低水準だった。事業見通しは過去4カ月で最高となっている。

■サービス業も改善

ユーロ圏のサービス業PMIは49.8と、速報値から0.7ポイント引き上げられ、前月からは1.3ポイント上昇した。過去4カ月で最も高い。

国別では、ドイツが49.2と、速報値からは0.2ポイント引き上げられ、前月から3.1ポイント上昇。過去5カ月で最高となった。新規受注の落ち込み幅は前月からやや縮小。雇用は30カ月連続で拡大している。

フランスは49.5と、前月から0.2ポイント上昇。2カ月連続で分岐点を下回った。新規受注は2カ月続けて減り、雇用は過去2年伸びが続いている。イタリアは49.9と前月から0.4ポイント上昇。スペインは0.4ポイント上がり51.6となった。

S&Pグローバルの上級エコノミスト、ジョー・ヘイズ氏は今回の結果を受け、「ユーロ圏経済は引き続き低迷しているものの、2カ月連続の改善は、景気後退の度合いが当初の予想よりも緩やかなものになる可能性を示唆している」とコメント。一方で、ユーロ圏経済がすぐに安定基調に回帰する可能性を示す材料はほぼ見当たらないとしている。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

ブルガリア社、ガス設備拡張で2団体選定(05/22)

半導体研究imec、25億ユーロの投資確保(05/22)

EU、AI規制法案を最終承認=26年に適用(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン