• 印刷する

移民純増数、過去最高の50万人 ウクライナなどEU域外から増加

英政府統計局(ONS)は24日、2022年6月までの1年間の移民純増数が前年から4万5,000人増え、過去最高の50万4,000人に達したと発表した。新型コロナウイルス関連の渡航規制撤廃による留学生の増加や、ウクライナ避難民の受け入れなどで、欧州連合(EU)域外からの流入者が大きく増えた。

純増数の内訳を見ると、非EU加盟国出身者は50万9,000人、英国籍保有者は4万5,000人だった。半面、EU加盟国出身者は5万1,000人純減した。

英国への流入人口は全体で106万4,000人と、1年前から43万5,000人伸びた。うち非EU加盟国出身者は70万4,000人と、37万9,000人拡大。一方、EU加盟国出身者は1万人減って22万4,000人だった。

全体を目的別に見ると、就労が28万6,000人で、留学生は35万6,000人。中でも非EU加盟国出身の学生は前年から2倍弱に増えている。その他の理由は42万2,000人と最も多く、うち8万9,000人はウクライナ人を受け入れる特別ビザ(査証)による渡英だった。

難民申請件数は22年9月までの12カ月間で7万2,027件と、過去20年弱で最多となった。この間に予備的決定の判断が下されたのは1万6,400人だった。

ONSは、今回の結果は留学生や難民の増加、英国海外市民(BNO)の資格を満たす香港市民向けのBNOビザなど多くの要因が移民純増に寄与しているため、この傾向が続くかどうかを判断するのは時期尚早だとしている。

スナク首相の報道官はこの日、同首相は移民純増数を記録的な水準から減少させることに全力を注ぐと発表。移民制度が機能していることを確認するため、あらゆる選択肢を検討するとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英国の再生エネ輸出に影響 EU国境炭素税、利益5%減も(06/18)

製造業、EUとの貿易関係の再構築望む(06/18)

リフォームUK、総選挙公約発表=移民抑制(06/18)

資産管理サイドキック、850万ポンド調達(06/18)

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン