• 印刷する

シーメンス、第4四半期は予想上回る増益

ドイツの総合電機大手シーメンスは17日、第4四半期(7~9月)の純利益が29億1,300万ユーロと、前年同期比2.2倍になったと発表した。強い需要に支えられ、市場予想を上回る増益となった。

売上高は18%増の205億7,300万ユーロ。デジタル・インダストリーズ(DI)部門は25%、スマート・インフラストラクチャー(SI)部門は23%それぞれ伸びた。鉄道などを手がけるモビリティー部門は7%増え、医療機器子会社シーメンス・ヘルシニアーズは16%のプラスを確保した。

受注高は全体で218億1,700万ユーロと14%拡大。DI部門が前年を9%上回り、SI部門も28%拡大した。シーメンス・ヘルシニアーズは20%増えた。半面、モビリティー部門は7%減った。

産業向け事業の利益は38%増の31億5,900万ユーロ。同事業の利益率は16.2%と、1年前から2.2ポイント上昇した。

2022年9月通期の純利益は43億9,200万ユーロとなり、前期比34%減少した。売上高は16%増の719億7,700万ユーロだった。産業向け事業の利益は17%増の102億7,700万ユーロ。同事業の利益率は15.1%と、0.1ポイント上向いた。

シーメンスは、22/23年度の増収率について実質6~9%になると予想している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独リドル、ボスニアで物流センター着工(05/29)

独に債務ブレーキ緩和を提言 IMF「公共投資増やすべき」(05/29)

ABNアムロ、独プライベートバンクを買収(05/29)

スロベニア、独企業の投資先として人気首位(05/29)

製菓ハリボー、新工場の建設計画=独西部(05/29)

車いすのサンライズ、今夏にIPO実施(05/29)

医薬品容器ゲレスハイマー、米で工場拡張(05/29)

中国VW合弁、従業員削減へ=販売伸び悩み(05/29)

ポルシェ、中国ディーラーと「密に協力」(05/29)

バイエル、中国で健康消費品拠点を建設へ(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン