• 印刷する

不法移民対策で協力拡大 英仏、7千万ユーロ超投資へ

英国とフランスは14日、英仏海峡を小型ボートで渡る不法入国者の取り締まりに向け、2022~23年に7,220万ユーロを投じて協力体制を拡大することで合意した。フランス北部の海岸の巡視員を向こう数カ月で40%増員するほか、英国の国境警備隊が実地観察や情報共有のため初めてフランスに派遣される。

両国はこのほか、密航を手配する犯罪組織の摘発に当たる共同情報チームを拡大する。また、密航ボートの出港を阻止するため、最新の監視技術やドローン(小型無人機)、探知犬、監視カメラ(CCTV)などを利用した監視体制を強化する。加えて、密航を阻止された人々の施設への受け入れなどを支援する。

また、アルバニア人や組織犯罪グループが移民・難民向けルートを利用して西欧諸国や英国に流入するケースが増加していることを受け、この問題に関する作業部会を新設する。

今年に入ってから両国の協力により阻止された密航者は3万人に上り、前年同期比50%超増加。英国のブレーバーマン内相は「危険な渡航を阻止し、犯罪組織を摘発するためにできることは何でもする」とした上で、「この複雑な問題の解決に共同で取り組むことは、英仏双方の利益となる」と述べた。


関連国・地域: 英国フランスEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

ブルガリア社、ガス設備拡張で2団体選定(05/22)

ポーランド、EV購入に大規模助成=中古も(05/22)

EU、AI規制法案を最終承認=26年に適用(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン