• 印刷する

再生エネ事業認可を迅速化 欧州委、露侵攻の影響軽減狙う

欧州委員会は9日、欧州連合(EU)域内の再生可能エネルギー・プロジェクトの認可手続きを迅速化する規則案を公表した。再生可能エネルギーの展開を加速し、ロシアのウクライナ侵攻を受けたエネルギー危機に対処する狙いで、1年間の時限立法となる。

規則案では、再生可能エネルギー由来の発電施設は「最優先公益」とみなされ、簡易審査の対象となる。また、承認手続きのボトルネック解消に向け、EU鳥類・生息地指令の一部条項の適用範囲が明確化されている。

対象となるのは、環境負荷の小さい特定の再生可能エネルギー・プロジェクト。例えば、建物などの人口構造物の上に設置される太陽光発電設備や、これに付帯する蓄電および送電網接続機器については、承認審査を1カ月以内に終了することが義務付けられるほか、一部の環境審査が免除される。

また、老朽化した風力タービンの取り換えや大型化といった再生可能エネルギー発電施設の改修・拡大プロジェクトについては、承認手続きが簡素化され、変更・拡大部分についてのみ環境審査が求められる。審査期間は最長6カ月とされる。

小規模な熱ポンプの送電網との接続工事については、承認手続きが簡素化され、審査期間は最長3カ月に制限される。

欧州委員会のティメルマンス上級副委員長(欧州グリーンディール政策総括、気候変動対策担当)は、「再生可能エネルギーは、低コストかつクリーンで、ロシアの影響も受けない」と指摘。今回の規則案により、「グリーンエネルギーへの転換を迅速化し、ロシアのウクライナ侵攻を受けたエネルギー危機に対処する」としている。[EU規制][環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州航空・鉄道論】メトロ運賃が倍? 五輪中のパリ、人流対策が課題(07/12)

NATO、ウクライナに400億ユーロ支援(07/12)

フランス、再生エネ目標案を提出=欧州委に(07/12)

独政府、5G通信網から中国製品排除で合意(07/12)

OPEC、見通し維持=夏季需要下支え(07/12)

米アップル、決済サービス技術を開放(07/12)

トタル、UAEのLNG事業に出資参画(07/12)

豊田通商、ドイツでグリーン水素合弁設立(07/12)

【ウイークリー統計】第168回 EU加盟国、生活水準に2倍の開き(07/11)

新型ロケット「アリアン6」打ち上げ成功(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン