• 印刷する

ルノー、EV事業上場へ 吉利と折半出資のICE合弁設立

フランスの自動車大手ルノーは8日、電気自動車(EV)事業と内燃エンジン(ICE)車事業の分社化を含む新戦略を発表した。EV事業については、来年後半に上場する計画。デジタル変革に向け米グーグルとの提携を拡大する。ICE車事業を巡っては、中国の同業、浙江吉利控股集団と折半出資の合弁会社を設立することで合意した。

ルノーは今回、事業の柱をEV・ソフトウエア、老舗スポーツカーブランド「アルピーヌ(Alpine)」、金融サービス、リサイクル、ICE車・ハイブリッド車(HV)の五つに分割。それぞれが独立して収益性の高い事業に注力し、外部からの投資を受け入れるという。

EV・ソフトウエア事業「アンペア」については、早ければ来年後半にユーロネクスト・パリで新規株式公開(IPO)を行う計画だが、その後も過半数株は維持する。2030年までにEV6モデルを投入し、31年には100万台のEV生産を目指す。

同事業では、26年にソフトウエア・デファインド・ビークル(SDV)の立ち上げを計画。これに向け、携帯電話用半導体チップで世界最大手の米クアルコムの子会社クアルコム・テクノロジーズと、SDV向けプラットフォームを開発する。一方、グーグルとは、こうしたプラットフォームやSDVのデジタルツイン用クラウド・ソフトウエアでの提携を強化する。

なお、クアルコム・テクノロジーズはアンペアに出資する方針。日産自動車もアライアンス再構築の一環として出資するとみられている。

一方、ICE車事業を巡っては、ICE車およびHV向けパワートレインやシステムを開発・生産する合弁会社を設立する計画。浙江吉利控股集団と傘下の吉利汽車が50%、ルノーが50%それぞれ出資する。世界で17カ所の工場を運営し、1万9,000人を雇用する見通しだという。

ルノーは併せて、営業利益率を25年に8%以上に引き上げ、30年までに10%超とする目標を発表。今年については5%の見通しを維持している。[環境ニュース]


関連国・地域: フランスアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏電機ルグラン、ロシア事業撤退へ(01/27)

ルノーと日産、2月に提携見直し詳細発表か(01/27)

EV充電ソフトのアムペコ、BMWが出資(01/27)

英仏の海底送電網計画が復活 英高等法院が決定覆す=再審査へ(01/26)

G7、ウクライナへのエネ支援継続で合意(01/26)

ユーロスター、3割空席=英のEU離脱影響(01/26)

EDF、仏政府の持ち株比率が90%以上に(01/25)

仏製造業景況感、1月は改善(01/25)

独仏、安全保障で連携強化 水素パイプライン敷設でも協力(01/24)

エアバス、ソーラードローン事業を分離へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン