フィンエアー、第3四半期は赤字縮小

フィンランド航空(フィンエアー)は、第3四半期(7~9月)の純損失が3,720万ユーロとなり、前年同期の1億1,510万ユーロから赤字が縮小したと発表した。需要が回復し、営業利益は2019年第4四半期以降で初の黒字となった。 売上高は3.6倍の7億1,920万ユーロ。輸送実績を見る…

関連国・地域: フィンランド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フィンランドの主要労組、2月にストを計画(01/30)

通信機器ノキア、第4四半期は4.6倍に増益(01/27)

昇降機コネ、通期は17.8%減益(01/27)

ノキア、韓国サムスン電子と5G許諾を更新(01/25)

フィンランド初のグリーン水素プラント着工(01/24)

スポーツ用品アメア、ブルガリアに新工場(01/24)

ルーマニア、ノキアンの工場建設に補助金(01/23)

ステランティス、テラフェームと供給契約(01/19)

産業向け配電オーロラ、バーレーン社が出資(01/13)

ブラスター、フィンランドに低炭素鉄鋼工場(01/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン