• 印刷する

石油シェル、利益倍増 価格高騰受け第3四半期も好調

英国の石油大手シェルは27日、第3四半期(7~9月)の在庫評価変動の影響と特別損益を除いた純利益が94億5,400万ドルとなり、前年同期比2.3倍に拡大したと発表した。過去最高益を記録した前期からは減速したものの、ロシアのウクライナ侵攻を背景とした石油・ガス価格の高騰が引き続き追い風となった。

在庫評価変動の影響と特別損益を除いた純利益を事業別に見ると、ガス部門は26.2%増の23億1,900万ドル。探査・採掘の上流部門は3.4倍に拡大し、化学製品部門は62.5%伸びた。一方、電気自動車(EV)充電サービスや潤滑油などを手がけるマーケティング部門は25.4%の減益だった。再生可能エネルギーソリューション部門の利益は3億8,300万ドルとなり、前年同期の1億7,100万ドルの赤字から黒字を回復した。コーポレート部門の純損失は5億7,100万ドルと、1年前の7億3,200万ドルから赤字が縮小している。

純利益は67億4,300万ドルとなり、前年同期比の4億4,700万ドルの赤字から黒字に転じた。

上流部門の石油・ガスの生産量は日量178万9,000石油換算バレルと11.9%減少し、ガス部門と合わせると9.8%減の276万6,000バレルだった。

第4四半期については、上流部門の生産量が日量175万~195万石油換算バレル、ガス部門は同91万~96万石油換算バレルになると見込んでいる。


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トルコ製油社、ルーマニア太陽光発電を取得(06/25)

印鉄鋼タタ、7月にスト 人員削減の中止求め=40年ぶり(06/25)

ネット通販THG、高級品部門を売却(06/25)

中国・衣料品シーイン、英でIPO申請か(06/25)

ロンドン・トンネルズ、アムスでIPOへ(06/25)

冷蔵コンステレーション、EQTが買収(06/25)

HSBC、ベトナムバイオ企業に社会的融資(06/25)

4党党首が討論番組出演 スナク氏に厳しい質問=選挙控え(06/24)

ブリトビック、カールスバーグの買収案拒否(06/24)

財政収支、5月は赤字拡大(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン