• 印刷する

エネルギーとロシアに焦点 プラハでEU非公式サミット

欧州連合(EU)は7日、チェコの首都プラハで非公式の首脳会議(サミット)を開催した。喫緊の三つの課題として、ロシアのウクライナ侵攻とエネルギー問題、経済状況について協議。加盟国の意見が割れているガス価格の上限設定についても、意見を交わしたとみられる。

ウクライナ問題では、部分的動員令の発令やウクライナ東南部4州の併合を含むロシアの動きへの対応のほか、ウクライナへの財政・軍事支援拡大について協議した。エネルギー危機については、今冬に手頃な価格のエネルギー供給を確実にするための手段を模索。経済面では、エネルギー価格高騰への対処と、成長や雇用の支援、低所得者層の保護を優先課題とし、政策の調整を図った。

ガス価格の上限設定を巡ってはかねて、加盟国15カ国が賛成している。しかし、その方法については、ロシア産ガスまたは発電用のガスに対する制限や、域内取引価格の上限など、さまざまな提案があり、意見がまとまっていない。ドイツやデンマーク、オランダは、上限を設けることで必要な量のガスの調達が困難となるほか、ガス消費節減の促進を妨げる懸念があるとし反対している。

次回のEUサミットは20~21日に予定されており、EUのミシェル大統領は、今回の協議に基づき合意に至ることに期待を寄せている。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

半導体研究imec、25億ユーロの投資確保(05/22)

ポーランド、EV購入に大規模助成=中古も(05/22)

ブルガリア社、ガス設備拡張で2団体選定(05/22)

EU、AI規制法案を最終承認=26年に適用(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

ICC、イスラエル首相ら5人に逮捕状(05/22)

ユーロ圏貿易収支、3月は黒字拡大(05/22)

三井住友FL、エアバス製ヘリ16機購入契約(05/22)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.1%増加(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン