BASF、米淡水技術ベンチャーに出資

化学大手BASFの子会社BASFベンチャー・キャピタルは、海水の淡水化技術を手掛ける米ナノH2Oに750万ドルを融資すると発表した。

ナノH2Oはナノ構造の逆浸透膜を開発。この技術を用いると海水を淡水化する際の圧力が軽減され、エネルギーコストを大幅に削減できる。同社の逆浸透膜は既存の淡水製造施設に取り付けることも可能で、今後の普及が見込まれている。

BASFベンチャー・キャピタルは2001年にBASFの完全子会社として設立され、スタートアップ企業や将来性が見込まれる技術への出資を行っている。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 経済一般・統計化学・石化金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

星フレイザーズ、欧州の物流不動産を取得(02/20)

CDU、次期幹事長が固まる ザールラント州首相を登用へ(02/20)

アルディ、乳業アルフェルディの事業取得(02/20)

独経済は年初から極めて好調=連銀月報(02/20)

ドイツ銀、投資銀部門で最大500人整理も(02/20)

ダイムラー、排ガス検査欺くソフトを使用か(02/20)

シーメンス、医療機器部門を年前半に上場(02/20)

保険アリアンツ、第4四半期は22.3%減益(02/19)

ユーロ圏貿易収支、12月は黒字縮小(02/19)

VWの世界販売、1月は10.1%増加(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン