• 印刷する

BASF、米淡水技術ベンチャーに出資

化学大手BASFの子会社BASFベンチャー・キャピタルは、海水の淡水化技術を手掛ける米ナノH2Oに750万ドルを融資すると発表した。

ナノH2Oはナノ構造の逆浸透膜を開発。この技術を用いると海水を淡水化する際の圧力が軽減され、エネルギーコストを大幅に削減できる。同社の逆浸透膜は既存の淡水製造施設に取り付けることも可能で、今後の普及が見込まれている。

BASFベンチャー・キャピタルは2001年にBASFの完全子会社として設立され、スタートアップ企業や将来性が見込まれる技術への出資を行っている。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

スイスとオーストリアで雪崩、1人死亡(01/17)

物流DSV、スイスのパナルピナに買収提案(01/17)

ドイツ銀、ダンスケ銀巡り2度目の内部調査(01/17)

独ビュルクレ、ハンガリー東部で工場着工(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

ボルボ、ワイヤレス充電のモメンタムに出資(01/17)

独情報機関、極右政党AfDの監視強化へ(01/17)

欧州委、税制巡る加盟国の拒否権廃止を提案(01/17)

オットー・フックス、ブダペストで用地取得(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン