• 印刷する

原発2カ所の稼働延長を検討 EDF、エネルギー危機受け

フランス電力(EDF)の英子会社EDFエナジーは28日、イングランド北西部ランカシャー州のヘイシャム(Heysham)第1発電所と北東部ハートルプール(Hartlepool)発電所の稼働延長を検討すると発表した。深刻なエネルギー危機を受けた動き。両原発の設備容量は合わせて2.2ギガワットで、2024年3月の稼働終了を予定していた。

同社は今回、原発の発電量の維持と安全な稼働に向け、23~25年に10億ポンド投資する計画を明らかにした。ヘイシャム第1原発とハートプール原発は技術および安全評価に着手し、可能であれば運転期間を延長する。EDFの発電事業の責任者は、「向こう数年の優先事項は、既存設備で安全に発電量を最大化すること」とした上で、英国のエネルギー安全保障を支えるとともに、技術者など人的資源を維持していくことが重要と述べた。

英国では現在、原発8カ所が稼働しており、いずれもEDFが保有する。国内の電力需要の約13%は原発で賄われており、今年の総発電量は42テラワット時を見込む。

なお、既存原発はいずれも遅くとも2030年までに稼働停止することが決まっており、3カ所は廃炉手続きに入っている。新規原発はイングランド南西部サマセット州で「ヒンクリーポイントC」の建設が進むが、プロジェクトには予定より遅れており、フィナンシャル・タイムズによれば稼働開始は27年半ばにずれ込む見通しだ。また、計画段階にあるイングランド東部サフォーク州の「サイズウェル(Sizewell)C」については、23年に最終投資判断が下される。


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英空港、年末に8日間スト 入国審査に混乱も=3千人参加(12/09)

英政府、30年ぶりに炭鉱開発計画を承認(12/09)

SSE、CCS火力発電所の開発許可を取得(12/09)

英チャールズ国王の50ペンス硬貨、流通開始(12/09)

EU当局、英国離脱後の金融監督機関を評価(12/09)

自動運転エインライト、5億ドル追加調達(12/08)

英、米がLNG輸出倍増へ エネルギー安保強化で新体制構築(12/08)

スナク首相、スト規制強化の新法案を約束(12/08)

英政府、陸上風力発電の規制緩和で意見公募(12/08)

ハリファックス住宅価格、11月は2.3%低下(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン