広告JCドゥコー、第1四半期は6%増収

屋外広告で世界2位のJCドゥコーは9日、第1四半期(1~3月)の売上高が前年比6.3%増の5億6,900万ユーロになったと発表した。事業の買収・売却や為替変動の影響を除いた実質ベースでは全体で3.3%のプラス。中国などで経済成長が加速した上、デジタル広告が伸びたことが寄与した。

当期はストリートファーニチャー(街路備品)を使った広告と交通広告がそれぞれ1.5%、12.2%増加。また、専用掲示板(ビルボード)を使った広告は8.3%伸びている。地域別に見ると、南欧諸国が軒並み2けたの落ち込みとなったほか、英国とフランスも小幅に減少している。

同社は第2四半期について、中国と足元のフランスを含む欧州市場の減速が見込まれるため、売り上げの伸びは鈍化するとの見方を示した。


関連国・地域: 英国フランスアジア
関連業種: 経済一般・統計商業・サービスマスコミ・出版・広告

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、UAEリース会社が400機発注も(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

エアビー、デンマーク当局に家主収入報告へ(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

日本電産、PSAとのモーター合弁設立完了(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ミシュランガイド、タイ版の第2弾発行へ(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン