• 印刷する

3月のユーロ圏鉱工業生産、0.3%縮小

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは14日、3月のユーロ圏17カ国の鉱工業生産指数(季節調整済み)が前月比0.3%下落したと発表した。寒かった2月から一転して暖かくなり、エネルギーが大きく落ち込んだためだが、市場ではリセッション(景気後退)入りへの不安が広がっている。2月の改定値は0.8%のプラスへと0.3ポイント上方修正されている。

エネルギーは、8.5%下落。耐久消費財も0.2%落ち込んだ。一方、資本財、非耐久消費財、中間財はそれぞれ1.1%、0.8%、1%上昇した。

国別で最も大きく落ち込んだのはオランダで9%減少。2月の10.9%増から縮小に転じた。これにエストニア(3.4%減)、アイルランド(2.7%減)が続く。逆に伸びが大きかったのはスロベニア、スロバキアで、それぞれ6.3%、3.5%拡大した。

鉱工業生産はEU加盟27カ国全体では0.4%縮小。前年同月比でもユーロ圏とEU全体で落ち込んでおり、それぞれ2.2%減、1.9%減だった。


関連国・地域: EUアイルランドオランダスロバキアスロベニアエストニア
関連業種: その他製造天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

緩和長期化の方針示されたECBの戦略検証 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第28回(07/30)

EBRD、エジプトのドライポートに融資(07/30)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

EU、成人の7割に初回接種の目標達成(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン