• 印刷する

3月のユーロ圏鉱工業生産、0.3%縮小

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは14日、3月のユーロ圏17カ国の鉱工業生産指数(季節調整済み)が前月比0.3%下落したと発表した。寒かった2月から一転して暖かくなり、エネルギーが大きく落ち込んだためだが、市場ではリセッション(景気後退)入りへの不安が広がっている。2月の改定値は0.8%のプラスへと0.3ポイント上方修正されている。

エネルギーは、8.5%下落。耐久消費財も0.2%落ち込んだ。一方、資本財、非耐久消費財、中間財はそれぞれ1.1%、0.8%、1%上昇した。

国別で最も大きく落ち込んだのはオランダで9%減少。2月の10.9%増から縮小に転じた。これにエストニア(3.4%減)、アイルランド(2.7%減)が続く。逆に伸びが大きかったのはスロベニア、スロバキアで、それぞれ6.3%、3.5%拡大した。

鉱工業生産はEU加盟27カ国全体では0.4%縮小。前年同月比でもユーロ圏とEU全体で落ち込んでおり、それぞれ2.2%減、1.9%減だった。


関連国・地域: EUアイルランドオランダスロバキアスロベニアエストニア
関連業種: その他製造天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

武田薬品のシャイアー買収、条件付きで承認(11/21)

独仏、ユーロ圏共通予算の枠組みを提案(11/21)

西政府、ジブラルタル巡り離脱協定案に難色(11/21)

ルーマニア、閣僚8人を入れ替え(11/21)

保守党との閣外協力を放棄も 北アのDUP、離脱協定案に反発(11/21)

VW世界販売、10月は10%減 WLTPの影響続き西欧低調(11/21)

世界のワイン生産量、過去18年で最高水準に(11/21)

CBI製造業受注、11月は加速に転じる(11/21)

政府、所得税の高税率適用の下限引き上げへ(11/20)

ブルガリアのシメオノフ副首相が辞任(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン