• 印刷する

シェル、CEOが年末退任 後任は再生エネ部門の責任者

英国の石油大手シェルは15日、ベン・ファンブールデン最高経営責任者(CEO)が今年末で退任すると発表した。後任には、統合ガス・再生可能エネルギー部門の責任者であるワエル・サワン氏が指名され、来年1月1日付で就任する。ファンブールデン氏は来年6月末まで取締役会の顧問を務めた後に、シェルを離れる。

サワン氏は1997年にシェルに入社し、中核事業である上流事業と統合ガス事業、下流事業でさまざまな職務を経験。その後、上流事業のトップを経て昨年10月から現職を務める。次期CEOの選定では、かねて有力候補と目されていた。同氏はCEO就任について「エネルギー転換がもたらす課題に向き合い、チャンスをつかんでいきたい」と述べている。

ファンブールデン氏は2014年にCEOに就任し、16年には英競合BGグループの買収を実現させたほか、事業の合理化を進めてきた。シェルは昨年2月、50年までに炭素排出量を実質ゼロとする目標に向けエネルギー事業の転換を加速させる戦略を発表。今年初めには、それまで英国とオランダの二重構造となっていた株式や本社機能を英国に一本化するとともに、社名もロイヤル・ダッチ・シェルからシェルに改めた。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン