• 印刷する

エネルギー企業の利益制限へ 露ガス価格上限は結論出ず=EU

欧州連合(EU)は9日、臨時エネルギー相会合を開き、エネルギー価格の高騰を巡る措置を協議した。資金難に陥っている電力会社への支援策や、再生可能エネルギー由来の電力価格に上限を設ける案を提示するよう欧州委員会に要請した。ロシア産天然ガスの輸入価格に上限を設ける案も協議されたが、結論は出ていない。

欧州では卸電力価格の高騰に伴い、取引に必要な証拠金が急騰し、電力各社の流動性が圧迫されている。エネルギー相会合では、こうした電力会社への支援策を策定するよう欧州委に求めることが決まった。

一方、電力料金の上昇を受け高利益を得ている再生可能エネルギー事業者に対しては、収入を規制する案の策定を欧州委に求めている。

欧州委は先に、ロシア産ガスの輸入価格に上限を設ける案を提示していたが、一部加盟国がこれに反対したため、結論が先送りされた。ブルームバーグによると、この案に代わり、ロシア以外も対象としたガス輸入価格全般に上限を求める案も検討されたようだ。ただ、ノルウェーやカタール、米国などのガス輸出国は、ガスの輸入価格に上限を設ける案にすでに難色を示している。

この日の会合ではほかに、EU域内の電力消費量の削減に向けた措置も協議されたが、加盟各国に削減目標を義務付けることでは合意がまとまらなかった。これに代わり、「協調的な需要削減」を促す案を策定するよう欧州委に求めている。


関連国・地域: EUロシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

G7、露凍結資産の活用など協議=財相会合(05/24)

EU、ベラルーシ経由の制裁回避阻止へ(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン