• 印刷する

英、新原発に7億ポンド投資 原子力でエネルギー自給自足へ

英国のジョンソン首相は1日、イングランド東部サフォーク州で計画している新規原子力発電所「サイズウェル(Sizewell)C」に7億ポンドを投資する方針を明らかにした。原子力をエネルギー自給自足の重要な柱の一つとする考え。同プロジェクトの投資契約は、2~3週間以内にまとまるとの見方を示している。

「サイズウェルC」建設プロジェクトはフランス電力(EDF)が進めるもので、総工費は200億ポンド。既存の「サイズウェルB」の北方に原子炉2基を建設する計画で、2035年の完工を予定する。設備容量は3.2ギガワットと、600万世帯分の電力を供給し、国内電力需要の7%を賄える見込み。

EDFは20年5月に同プロジェクトの承認を申請し、政府は7月にこれを承認していた。

同プロジェクトに投じる7億ポンドは、25年までの大規模原発プロジェクトへの予算17億ポンドから拠出する。

ジョンソン首相は、ロシアによるウクライナ侵攻を受けたエネルギー価格の高騰により、国内に原発を建設する必要性が浮き彫りになったと強調。歴代政権が原子力の振興に消極的だったことが電力価格高騰を加速させたとし、次世代のために「原子力に大規模投資をするべき」と話した。

「サイズウェルC」プロジェクトにはEDFが80%、中国広核集団(CGN)が20%を出資しているが、対中関係の悪化を受け、政府はCGNに保有株を手放すよう求めている。政府とEDFは、20%ずつ出資して新たなプロジェクト運営会社を設立し、残りの60%については新たな出資者を探す方針と報じられている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン