• 印刷する

ユーロ圏GDP、0.6%拡大 ドイツは伸び減速=第2四半期

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは17日、2022年第2四半期(4~6月)のユーロ圏19カ国の実質域内総生産(GDP、2次速報値)が前期比0.6%拡大したと発表した。1次速報値から0.1ポイント下方修正されたが、伸びは第1四半期の0.5%から加速。主要国では、フランスがプラスを回復した半面、ドイツは伸びが減速した。

国別の成長率を見ると、ドイツはゼロ%と、前期のプラス0.8%から減速。フランスは第1四半期のマイナス0.2%からプラス0.5%に回復した。

イタリアの成長率は1%と、前期の0.1%から加速。工業とサービス業の付加価値の増加が寄与した。年率では4.6%だった。

スペインの成長率は前期比で1.1%と、第1四半期の0.2%から伸びが加速。オランダは2.6%となり、前期から2.1ポイント加速した。

ユーロ圏のGDPは、前年同期比では3.9%拡大。1次速報値から0.1ポイント引き下げられ、第1四半期の5.4%増から伸びが減速した。EU27カ国全体では前期比で0.6%、年率で4%それぞれ上向いた。

欧州委員会は7月に発表した夏季経済見通しの中で、今年のユーロ圏のGDPが前年比2.6%拡大するとの予測を示した。5月の春季見通しから0.1ポイント下方修正している。来年の成長率は1.4%と、前回予測から0.9ポイント引き下げた。

ユーロ圏の第2四半期GDPの改定値は9月7日に発表される予定。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コーヒーのラバッツァ、自販機事業拡大へ(04/24)

ICE車販売禁止は実現困難 EUの35年目標=欧州会計監査院(04/24)

西地中海の各港、迂回船急増で倉庫不足に(04/24)

ECB、年内に数回利下げか=米は政策変更(04/24)

独最大野党、露産農産物の完全禁輸を提案(04/24)

シェルやトタル、UAEでLNG事業参画か(04/24)

【東欧フラッシュ】中欧・東欧を見る二つの視点(04/24)

ブルガリア、国営鉄道の入札中止(04/23)

ハノーバー・メッセが開幕 独首相「AIで成長加速する」(04/23)

世界の軍事支出、23年は過去最高(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン