• 印刷する

オミクロン対応ワクチン承認 英が世界で初めて=米モデルナ製

英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は15日、米国のバイオ医薬品会社モデルナが開発した新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対応ワクチンを承認したと発表した。従来株と「オミクロン株」の両方に効果を発揮する。こうしたワクチンが承認されるのは世界で初めてとなる。

同庁によると、臨床試験の結果、同ワクチンを追加接種した被験者では従来株と当初の「オミクロン株」の両方に対する強い免疫反応が得られたほか、「オミクロン株」の亜種で現在の主流である「BA.4」および「BA.5」に対しても良好な免疫反応が得られた。

MHRAは、同ワクチンを成人の追加接種向けに承認した。英国では9月から50歳以上を対象とした追加接種が開始されるが、この新ワクチンがどの程度、展開されるかはまだ明らかにされていない。BBC電子版によると、モデルナは向こう2、3週間内に同ワクチンの供給を開始できるとしている。

同社は、オーストラリアやカナダ、欧州連合(EU)でも同ワクチンの承認申請を行っており、向こう数週間に承認が得られると見込んでいる。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ボーダフォン、マスモビル子会社を買収(10/04)

英、高所得者向け減税案撤回 財務相「国民の言い分理解した」(10/04)

ボーダフォンとスリー、英事業統合を交渉(10/04)

B・スチール、中国親会社が政府支援要請か(10/04)

アトス、中核部門への買収提案を拒否(10/04)

電気バンのアライバル、量産開始計画に遅れ(10/04)

イネオス、サウジに化学施設2カ所を新設へ(10/04)

GDP、第2四半期は0.2%増 コロナ流行前を下回る=改定値(10/03)

労働党、支持率で与党を33ポイントリード(10/03)

アストンマーティン、中国・吉利が出資(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン