• 印刷する

バイオマス発電巡り意見公募 英、CO2回収技術の開発加速へ

英政府は11日、二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CSS)付きバイオマス発電(BECCS)技術の開発支援に向けた意見公募を開始した。英国のエネルギー安全保障強化と雇用創出を支援するため、BECCS技術の開発加速に向けた民間投資を促す方法を見いだす狙い。

バイオマス発電では、バイオマスの燃焼でCO2が排出されるが、燃料となる植物の光合成でCO2が吸収されることから、ライフサイクル全体で炭素中立と見なされている。BECCSではこれにCO2の回収・利用・貯留(CCUS)技術を組み合わせることで、カーボンネガティブを実現する。

政府は今回、BECCSのビジネスモデル「パワーBECCS」を公開。発電された電力の保証価格や、CO2回収1トン当たりの価格などを検討している。意見公募は10月まで行い、BECCS業界の発展促進や投資の障害除去など、大規模な技術採用に向けた助言を求めている。

政府は先に、革新的なバイオマス分野のプロジェクトに対する計3,700万ポンドの資金援助を発表。バイオマス発電により、400万世帯の電力を賄う再生可能エネルギーの生産が可能だとみている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン