• 印刷する

アバンティ、運行本数を半減 人手不足受け=乗車券も販売停止

英国の鉄道運行会社アバンティ(Avanti)・ウエストコーストは、14日から当面の間、運行本数を削減すると発表した。病欠の増加や争議行為による深刻な人員不足を受けたもの。併せて、この日から9月11日までの乗車券の販売を一時的に停止した。同社はロンドンとバーミンガム、マンチェスター、スコットランドのグラスゴーなどを結ぶ路線を運営するが、今回の措置で運行本数は半分近くまで削減される。

アバンティによると、運転士の多くが時間外労働を拒否していることで、通常は1週間当たり400本の運行本数が50本まで減少。直前の列車運休が相次ぐなど混乱が続いている。このため、信頼性の高いサービス提供に向け本数削減に踏み切ったという。

同社が運営するウエストコースト本線の運行本数は通常、1時間当たり最大7本だが、今回の措置では同4本まで削減。このうち、ロンドンからマンチェスターに向かう列車は1時間当たり3本から1本に減らされる。

アバンティは、本数削減の影響を最小限に抑えるため、約4週間分の乗車券の販売を停止。この期間の乗車券については、各週の週末までに、次の1週間分の販売を再開する方針だ。

鉄道運転士労働組合(ASLEF)はこれを受け、アバンティが運転士の行動を「非公式のストライキ」と捉えていることを非難。同社は十分な運転士を雇用していないと主張している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

G7、露資産によるウクライナ支援で合意へ(05/20)

ポルシェEV、タイで新型モデルの予約開始(05/20)

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン