• 印刷する

独、建物の省エネ化へ年140億ユーロ拠出も

ドイツ政府は、建物のエネルギー効率改善に向けた改修工事の補助金として、年130億~140億ユーロを拠出する方針だ。ドイツのハーベック副首相兼経済・気候保護相が26日発表した。

補助金の対象となるのは主に旧式の建物の改修工事で、最大130億ユーロが振り向けられ、省エネ効果の高い窓やドア、暖房器具の設置などを支援する。加えて、新築の建物のエネルギー効率向上に向けても約10億ユーロを支給する。

資金は気候変動基金から拠出し、ドイツ復興金融公庫(KfW)を通じて補助金を支給する。

ドイツは2045年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロ化する目標に向け、かねて建物のエネルギー効率改善に取り組んでおり、昨年には総額80億ユーロ、今年は既に総額96億ユーロの補助金を支給している。ただ、ロシアのウクライナ侵攻を受けたエネルギー価格高騰とガス供給減を背景に、補助金の拡大に踏み切る格好となる。

政府は先に建設業界に対し、新規に設置する暖房システムのエネルギーを65%以上、再生可能エネルギーで賄うことを義務付ける緊急措置も提案していた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン