• 印刷する

中東欧経済、最大6%後退 露産ガス供給停止なら=IMF

国際通貨基金(IMF)は19日、ロシア産天然ガスの供給が停止すれば、一部の中東欧諸国やイタリアは深刻な景気後退に陥り、国内総生産(GDP)が最大6%超押し下げられるとの見方を明らかにした。

IMFは、欧州連合(EU)がロシア産ガスに替わる液化天然ガス(LNG)の国際市場での調達や加盟国間での共有、価格の抑制などに失敗した場合、ハンガリーではGDPが最大6%超押し下げられると予想。スロバキアとチェコ、イタリアのGDPも、それぞれ最大5.5%前後、押し下げられるとみている。

この背景には、ハンガリーはロシア産ガスへの依存度が40%超、チェコとスロバキアでは30%超と高く、イタリアではガス火力発電の比率が高いことがある。

IMFは、ロシアがガス輸出量を7割減らしてもEU経済は短期的に持ちこたえることが可能だが、輸出が完全に打ち切られた場合、代替ガスの調達やエネルギー源の多様化が間に合わず、これら4カ国では供給が需要を15~40%下回ると予測している。

また、ロシア産ガスの供給減で、EUのGDPが第1四半期(1~3月)に既に0.2%押し下げられたとみている。

IMFは各国政府に対し、さらなる打撃の緩和に向け、国際市場や代替供給国からのLNG確保や、輸入インフラのボトルネック解消、緊急の域内ガス共有体制の整備、断固とした省エネ政策の実施、貧困層の保護、ガスのスマート配給制度の準備に取り組むよう促している。


関連国・地域: EUロシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

<特別寄稿>欧州における水素サプライチェーンビジネスの現状と今後の動向(06/14)

米EVテスラ、欧州で「モデル3」値上げ(06/14)

欧州委、ハンガリーの部品工場への補助却下(06/14)

ユーロ圏鉱工業生産、4月は0.1%減(06/14)

石油市場、30年に大幅な供給過剰に=IEA(06/14)

中国、重慶発の欧州向け貨物列車が急増(06/14)

【ウイークリー統計】第166回 EUの平均労働時間、週36時間(06/13)

スロベニア、2033年までに脱石炭(06/13)

エストニア、水素技術社に補助金(06/13)

電解装置デノラ、ギガファクトリー着工(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン