• 印刷する

ヒースロー、給油担当がスト JALなどにも影響か=21~24日

ロンドン・ヒースロー空港で21~24日、燃料補給担当者がストライキを実施する。小中学校が夏休みに入るタイミングだけに、多数の旅行客の足に影響が生じる見通し。最大労組ユナイトが19日発表した。

ストを実施するのは、燃料補給サービス企業アビエーション・フューエル・サービシズ(AFS)の従業員。21日午前5時にストを開始し、24日午前4時59分に終了するとしている。

スカイニュースによると、AFSは、日本航空(JAL)や、ヴァージンアトランティック航空、エールフランスKLM、スカンジナビア航空(SAS)、ユナイテッド航空、デルタ航空、エミレーツ航空、シンガポール航空など、70社超に燃料補給サービスを提供している。

ユナイトによると、AFSは10%の賃上げを提案したが、従業員側がこれを拒否。同社では過去3年、賃金が据え置かれており、インフレを考慮すると実質15.5%の賃下げに相当するという。

ヒースロー空港は先に、航空需要の回復に人員確保が追い付かないことを理由に、同空港を出発する乗客数を1日10万人に制限する方針を示し、航空各社に夏季繁忙期の航空券の販売停止を要請していた。同空港では6月の利用者数が600万人近くに達し、わずか4カ月で過去40年分に匹敵する伸びを記録。7月11日には全約1,100便のうち61便がキャンセルになるなど、人手不足による混乱が続いている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン