• 印刷する

英で初の「猛暑警報」発令 観測史上最高の40度到達も

英気象庁は、18~19日に気温が観測史上最高の40度に達する可能性があるとし、ロンドンを含むイングランド一部に警戒最高レベルとなる「猛暑警報」を初めて発令した。人々の健康やインフラに多大な影響が及ぶ恐れがある。また、公共交通機関の運行に乱れが予想されることから、ロンドン交通局(TfL)などは必要不可欠な場合を除き、利用を控えるよう求めている。

同庁と英保健安全保障庁(UKHSA)は併せて、イングランド全土を対象に、高気温と健康についての勧告レベルを最高の「非常事態」に引き上げた。こちらも適用されるのは初めてで、健康な人でも体調不良や死亡の危険があるとされる。

英国でこれまでに観測された最高気温は、2019年にイングランド東部ケンブリッジで記録された38.7度。今回はこれを上回る可能性が高く、一部予報では19日に気温が43度に達する可能性も危惧されている。

同国の鉄道インフラを管理するネットワーク・レールとTfLは、暑さでレールがゆがむ危険があるため速度制限の導入や一部運行休止の必要があるとし、可能な限り利用を避けるよう呼び掛けた。また、教育省は休校を勧めていないものの、一部の学校は休校や終了時間繰り上げの判断をしている。

なお気象庁は、「猛暑警報」が発令された地域を除くイングランドとスコットランド南部、ウェールズを、一段階低い警告の対象に指定。ウェールズでは18日、中西部アベリストウィス(Aberystwyth)近郊で気温が35.3度に達し、1990年に北東部フリントシャーで記録された観測史上最高の35.2度を上回った。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン