• 印刷する

空港発着枠の規制柔軟化 欧州委が提案、伝染病や戦争想定

欧州委員会は12日、欧州連合(EU)域内の空港発着枠に関するルールの柔軟化措置を提案した。航空会社が新たな伝染病や戦争といった不測の事態に際して欠航を決めても、発着枠を失わずに済む特例を設ける。

空港発着枠ルールでは通常、航空各社が与えられた枠を維持するためには、その80%以上を使用する必要があるが、現在はコロナ禍を受け、これが64%に引き下げられている。欧州委は今回、航空需要の回復を理由に、10月30日付でこの使用率を従来の80%に戻す一方で、「発着枠の正当な不使用」と見なされる特例を拡大するとしている。

こうした特例には、航空旅行に影響を及ぼす伝染病の発生や自然災害、大規模な政情不安が含まれている。また、新型コロナウイルスなどの伝染病やウクライナ危機の影響により、航空需要が4週間連続で2019年比80%以下に落ち込んだ場合には、欧州委が発着枠の既定の使用率を再び引き下げることも可能としている。

欧州委は併せて、ロシアのウクライナ侵攻により停止しているEU・ウクライナ間の航空路線の再開に向け、再就航後の発着枠使用率の適用を遅らせる措置や、使用率を引き下げる措置を提案している。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州電力各社、再生エネ目標引き下げ相次ぐ(05/21)

ポーランド、国境警備強化に100億ズロチ(05/21)

大統領、「外国の代理人」法案に拒否権行使(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

米EVテスラ、欧州フリート向けに値引き(05/21)

中国、欧米産の工業用樹脂でダンピング調査(05/21)

独、5年でGDP5.6%縮小も=EU離脱で(05/21)

欧州評議会、初のAI国際条約を採択(05/21)

【EU環境規制・エネルギー】脱原発から1年、ドイツの電源に及ぼした変化(05/20)

モルドバ、EU加盟巡り国民投票=10月(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン