• 印刷する

電力網改修に540億ポンド N・グリッド、送電容量23GWに

英国の送電大手ナショナル・グリッドの電力系統運用子会社ナショナル・グリッドESO(NGESO)は7日、最大540億ポンドを投じて電力網インフラを改修する計画を発表した。これには洋上風力発電の送電網構築も含まれ、2030年までに送電容量が23ギガワット拡大する見通し。過去60年で最大規模の改修計画で、同年までに最大16万8,000人の雇用創出が見込まれている。

多くの洋上風力発電所は現在、個別に電力網と接続されているが、同社はこれを総合的なネットワークに改修する計画。洋上風力発電所18カ所の電力を陸上に送電するため、スコットランドとイングランドの東岸を結ぶ海底高圧直流送電(HVDC)の敷設を含む、海陸のインフラ整備を行う。洋上・海底インフラには約320億ポンド、陸上インフラには217億ポンドの投資が見込まれている。

NGESOによると、総合的な送電網の構築により送電容量が拡大することで、30年までに消費者の負担を55億ポンド減らすことが可能だという。また、クリーンエネルギーの普及を促進することにより、30~32年に二酸化炭素(CO2)排出量が200万トン削減される見通し。

英政府は、30年までに洋上風力発電の送電網の容量を現在の10ギガワットから50ギガワットに引き上げることを目指す。NGESOは今回の計画により、この目標が達成可能になるとしている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

英政治への信頼、過去最低 コロナ以降の混乱原因=世論調査(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

「AIのリスク」熱論、スタートアップ祭典(06/14)

通信BT、メキシコ実業家が少数株取得(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン