石油トタル、露ハリャガ油田から撤退へ

フランスの石油大手トタルエナジーズ(旧トタル)は、ロシア北極圏のハリャガ(Kharyaga)油田の保有権益20%をロシアの国営石油会社ザルベジネフチ(Zarubezhneft)に譲渡することで合意したもようだ。同社の広報担当者の話を元に、ロイター通信が6日伝えた。 取引条件は明らか…

関連国・地域: フランスノルウェーロシア
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ボーダフォン、マスモビル子会社を買収(10/04)

仏新車登録台数、9月は5.5%増加(10/04)

伊政府、ITA売却交渉を10月末まで延長(10/04)

フォルシア、EUから水素事業で助成金獲得(10/04)

アトス、中核部門への買収提案を拒否(10/04)

双日、仏・スペイン社と水素供給網を構築へ(10/04)

エジス、モロッコにアフリカ本部開設へ(10/03)

トタル、露権益除外の戦略発表=LNG拡大(09/30)

仏決済ワールドライン、同業OPP株取得(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン