【欧州航空・鉄道論】賃上げ完勝を狙う英運輸労組 33年前の栄光をなぞってスト実施

英国で6月下旬、計3日間にわたる鉄道ストライキが行われた。これは昨今のインフレ加速に伴い、労働組合が賃上げ率を維持するために行ったものとされる。英国では鉄道業界以外にも、教師や救急隊員、清掃員などもストに向けて動き始めており、コロナ禍後の順調な経済回復を目指し…

関連国・地域: 英国EUアジア
関連業種: 運輸雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

EU、中国との関係が大幅悪化も=貿易摩擦(06/20)

クロアチア、クリーン水素開発でEUと提携(06/20)

中国、モロッコで欧州向け電池製造を加速(06/20)

次期NATO事務総長、オランダ首相が有力(06/20)

ユーロ圏建設業生産、4月は0.2%減少(06/20)

EU、印鉄鋼の輸入制限延長(06/20)

シンガポール社、欧州で砲弾受注(06/20)

欧州委、中国製チタンに高関税か(06/20)

独自動車大手、随行せず 副首相の訪中=部品メーカーのみ(06/19)

EU、トップ人事で結論先送り=月内再協議(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン