• 印刷する

眼鏡エシロールルクソティカ、会長が死去

眼鏡で世界最大手の仏エシロールルクソティカは27日、同社の会長でイタリア有数の富豪であるレオナルド・デル・ベッキオ氏が死去したと発表した。87歳だった。取締役を開いて今後の対応を決めるとしている。

同氏は貧しい家庭の出身だが大企業の経営者になり、戦後イタリアの経済復興の象徴とされる人物だった。1961年にルクソティカを創業し、サングラスの「レイバン」など有名ブランドを保有する企業にまで育て上げ、2018年にはフランスの眼鏡レンズ大手エシロール・インターナショナルとの合併を果たした。20年末に執行会長を退き、経営をフランチェスコ・ミレッリ最高経営帰任者(CEO)に譲っていた。

デル・ベッキオ氏は21年末時点でイタリア2位の富豪とされる。同氏の持ち株会社デルフィンは伊金融メディオバンカの筆頭株主で、伊保険大手ゼネラリの株式10%弱を保有。また、パリとミラノの証券取引所に上場する不動産開発会社コビビオ(Covivio)にも約27%出資する。


関連国・地域: フランスイタリア
関連業種: その他製造金融建設・不動産雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

エニ、コンゴ共和国からLNG輸出拡大へ(08/11)

米ドミノピザ、イタリアから撤退(08/11)

ドゥカティのタイ代理店、販売目標を発表(08/11)

伊中道政党「行動」、民主党との連合離脱(08/09)

米国際宅配便UPS、医療品配送ボミを買収(08/09)

石油エニ、コンゴ共和国でLNG施設を取得(08/09)

インドネシア深海開発、英伊2社が候補に(08/09)

伊北部ポー川に不発弾=水位低下で発見(08/09)

伊、インフレ対策を閣議決定=170億ユーロ(08/08)

伊、米インテルと半導体工場建設で契約へ(08/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン