タウロン、30年までに再生エネ発電6倍に

ポーランドの電力大手タウロンは22日、2030年までの新たな事業戦略を発表した。再生可能エネルギー由来の発電容量を6倍に拡大し、温室効果ガスの排出量を8割近く削減する目標を掲げ、同年までに再生エネ事業に170億ズロチ(38億3,100万ドル)を振り向ける。 新戦略は、石炭から…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランドGDP、第2四半期は4.5%拡大(08/18)

PGNiG、ノルウェー沖で油ガス田発見(08/17)

ポーランドのインフレ率、7月は15.6%(08/17)

独ポーランド国境の川で魚大量死=原因不明(08/17)

クロアチアでバス事故、外国人12人が死亡(08/09)

ポーランド新車登録台数、7月は10.7%減少(08/04)

イベルドローラ、ポーランドで再生エネ拡大(08/03)

ポーランド乗用車生産、6月は3.3%減少(07/27)

ポーランド、ガス小売り自由化を延期へ(07/26)

PKNオーレン、洋上風力発電案件が前進(07/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン