• 印刷する

2月のユーロ圏失業率、過去最悪の10.8%に

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットが2日発表した2月のユーロ圏17カ国の失業率(季節調整済み)は10.8%となり、過去最悪を記録した。前月から0.1ポイント悪化している。失業者数は1,713万4,000人。

失業率が最も高いのはスペイン(23.6%)で、前月から0.3ポイント上昇。一方、最も低かったのはオーストリア(4.2%)で、オランダ(4.9%)がこれに続く。

EU加盟27カ国全体の失業率は10.2%と、こちらも0.1ポイント悪化。失業者数は2,455万人だった。

ユーロ圏の企業は債務危機の影響で人員削減を余儀なくされている。同日付のブルームバーグ・ビジネスウィーク電子版によると、独ニーダーザクセン州立銀行ノルトLBのイェンス・クラマー氏は、「労働市場の不振は年間を通じて続く」とみている。


関連国・地域: ドイツEUオーストリアスペインオランダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリーから墺への越境通勤者が増加傾向(05/22)

英国の鉄鋼業界に再び暗雲 B・スチールが経営破綻の危機(05/22)

【欧州企業よもやま話】第280回:CCC アスリート魂で築いた靴王国(05/22)

米フォード、世界全体で7千人を整理へ(05/22)

スロバキア失業率、4月は4.9%に改善(05/22)

米中貿易摩擦、EU企業の中国事業に悪影響(05/22)

コベストロ、自動車の最終塗装の安全性向上(05/22)

独の難民関連支出、過去最高の230億ユーロ(05/22)

英離脱派ファラージ氏にミルクシェーク攻撃(05/22)

離脱方針に「大胆な新提案」 メイ首相、労働党の要求反映へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン