• 印刷する

メルセデスの3月販売台数、単月で過去最高に

自動車大手ダイムラーは3日、高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」の3月の販売台数が前年同月比11%増の13万1,334台となり、単月で過去最高を記録したと発表した。米国や中国で販売が伸びたのが大きい。

地域別に見ると、いずれの市場でもプラスを確保。足元のドイツが10.5%増えたほか、米国は7.7%増加し単月で過去最高に達した。

アジア・太平洋も18.1%増えている。うち、中国(香港含む)が16.1%のプラス、日本は1年前の東日本大震災の反動で55.4%増と力強い伸びを示した。超小型車「スマート」を加えると、世界全体で9.8%増の14万2,278台となっている。

1~3月の「メルセデス・ベンツ」の累計販売台数は前年同期比11.9%増の31万3,902台。こちらも全地域でプラスとなった。ヨアヒム・シュミット販売担当副社長は、新型「Mクラス」とスポーツ多目的車(SUV)がけん引し、昨年からの勢いが持続していると述べた。

同社は4日に開幕したニューヨーク国際オートショー(一般公開は6日から)で、新型「SLクラス」の「SL65AMG」をワールドプレミア。そのほか、クロスオーバーSUVの「GLクラス」、次世代小型SUVの「GLKクラス」をお披露目している。


関連国・地域: ドイツアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

スイスの時計輸出、10月は7.2%拡大(11/21)

独仏、ユーロ圏共通予算の枠組みを提案(11/21)

VW世界販売、10月は10%減 WLTPの影響続き西欧低調(11/21)

連立政権、非EU市民の移民規制緩和で合意(11/21)

世界のワイン生産量、過去18年で最高水準に(11/21)

格安航空イージージェット、通期は42%増益(11/21)

生産者物価、10月は3.3%上昇(11/21)

テスラ、メルセデスのEV巡り協力に関心(11/21)

メルセデスの次世代工場、5GやVR導入(11/21)

VW、印当局が排ガス巡り保証金支払い命令(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン