• 印刷する

ロンドン郊外のガス田開発へ 英政府、地元自治体反対も試掘許可

英政府は7日、石油探査会社のUKオイル&ガス(UKOG)が申請していたロンドン郊外ダンスフォールド(Dunsfold)でのガス田の試掘を許可すると発表した。地元サリー州の自治体は環境上の懸念から2回にわたり開発申請を却下してきたが、レベリングアップ・住宅・コミュニティー省がこれを覆す決定を下した。

ダンスフォールド近郊のロクスリー(Loxley)鉱区では1980年代にガスの埋蔵が確認されたが、これまでは放置されてきた。UKOGは2020年に同鉱区の権益を取得したが、自治体の反対で開発計画は難航。ただ、ロシアのウクライナ侵攻でエネルギー自給の強化が叫ばれる中、政府が開発を後押しする格好となった。

アンドリュー・レベリングアップ・住宅・コミュニティー相は今回の決定について「ガス田開発が地域の特性や景観に大きな打撃を与える」ことは認めたが、認可したのは3年間の評価プロジェクトだと強調。実施期間は短期で影響は限定的との見方を示している。

一方、UKOGのスティーブン・サンダーソン最高経営責任者(CEO)は「(自治体の決定に対する)控訴は長期にわたり、多くの費用を費やした」としながらも、政府の決定を歓迎。政府が打ち出している国内でのガス開発は「戦略的にも経済的にも環境的にも理にかなっている」とし、地元住民とも協力していきたいと述べた。

UKOGによると、ロクスリー鉱区のガスの推定埋蔵量は最大430億立方フィート。試掘により埋蔵量を確定できる見通しで、来年にも開発の実現可能性を判断したい考えだ。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン