• 印刷する

EU首脳、露石油禁輸で協議 ハンガリー説得に向け妥協案も

欧州連合(EU)は30~31日に開く臨時首脳会議(サミット)で、ロシア産石油の輸入禁止措置について協議する。ロイター通信などによると、ハンガリーはなおこれに反対しており、今回のサミットで合意がまとまる見込みは薄れている。加盟各国は水面下で同国の支持獲得に向けた妥協案の交渉を続ける見通し。

欧州委員会は5月上旬、ロシアのウクライナ侵攻を受けた第6弾の経済制裁として、ロシア産石油の輸入を年内に段階的に禁止することを提案。原油については6カ月以内に、石油精製品については年内に、それぞれ輸入を禁止する案を打ち出していた。ただ、ロシア産石油への依存度が高いハンガリーなどの内陸国が抵抗したため、妥協案が検討されてきた。

EU政策専門サイトのユーラクティブによると、これら諸国によるロシア産石油の禁輸を2年遅らせる特別措置が提案されていたが、ハンガリーはこれを拒否。このため、ロシア産原油を欧州へ輸送する「ドルジバ」パイプラインを「当面は」禁輸措置の対象外とし、石油タンカーでの輸入のみを対象とすることも検討されているという。

EUはロシア産石油の3分の1を「ドルジバ」パイプライン経由で、残りの3分の2を海路で輸入している。

エネルギー関連ではほかに、再生可能エネルギーへの転換促進や電力・ガス価格高騰への対策についても協議が行われる。また、ウクライナのゼレンスキー大統領をテレビ会議で迎え、同国への支援について協議する。このほか、食料安全保障やEUの防衛問題も議題とされている。[EU規制]


関連国・地域: EUハンガリーロシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

商船三井、CCSをEUが支援=リトアニア(05/17)

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

欧州委、米メタ調査=未成年保護巡り(05/17)

川崎汽船、バイオ燃料で自動車船を試験航行(05/17)

【ウイークリー統計】第164回 欧州の電力・ガス価格、低下傾向(05/16)

ユーロ圏経済、0.8%拡大へ 地政学的リスクも景気回復(05/16)

欧州中銀、AI規制の必要性指摘=金融業界(05/16)

ユーロ圏GDP、第1四半期は0.3%拡大(05/16)

ステランティスと零ホウ汽車合弁、欧州発売(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン