労働力人口、パンデミック前から40万人減少

英国の労働力人口が、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前と比べて約40万人減少している。長期疾患を理由に復職しない人が急増しており、他の先進国と比べても際立っているという。経済協力開発機構(OECD)のデータを元に、ロイター通信が27日伝えた。 それ…

関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、7月は10.1% 過去40年超で初の2桁台(08/18)

英、豪からLNG調達=6年ぶり(08/18)

生産者物価、7月は17.1%上昇(08/18)

外国人労働者、コロナ流行後で最大の増加(08/18)

テッドベーカー、米ブランド管理会社が買収(08/18)

BHP、豪で90年間の新炭鉱開発を申請(08/18)

ヒースロー、旅客制限を延長 混乱回避へ10月29日まで(08/17)

英政府、途上国からの輸入関税を引き下げ(08/17)

失業率、6月は横ばいの3.8%(08/17)

BP、メキシコでの掘削事業から撤退か(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン