• 印刷する

ウクライナに198億ドル支援 G7、インフレ状況も注視

ドイツ西部ボン郊外のケーニヒスウィンター(Koenigswinter)で開かれていた主要7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁会議が20日、閉幕した。会合後に出された共同声明では、ウクライナに198億ドルの財政支援を行うことを約束。ロシアの同国への侵攻を受けインフレが急加速している問題については、状況を注視して金融引き締めのペースを調整するとしている。

共同声明では、ウクライナの短期的な資金不足への認識を示した上で「財政支援に向け198億ドルの資金を確保した」とし、支援の迅速な実行に取り組む方針を示した。また、「必要となれば、一段の支援を行う準備がある」としている。

この支援額には、欧州連合(EU)が18日に決めた90億ユーロの追加支援などが含まれるとしている。また、これとは別に欧州復興開発銀行(EBRD)は、ウクライナの国有・民間企業向けに34億ドルの支援を計画しているという。

インフレについては「G7の中銀は価格圧力がインフレ期待に及ぼす影響を注視している」とした上で、「インフレ期待を確実に落ち着かせるとともに、経済回復を確保し、国際的な悪影響を制限するよう配慮しながら、金融引き締め策のペースを調整する」としている。

議長国ドイツのリントナー財務相は会議後、「一貫した措置でインフレの加速を食い止めるとともに、経済成長を促進させる決意がある」と強調した。


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアアジア米国カナダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

イスラエル社、ルーマニアで風力発電建設へ(08/12)

ドラギなきイタリアを覆う不安材料 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第37回(08/12)

ギリシャ、EUの監視強化枠組みから脱却(08/12)

ロシア産石炭の禁輸発効 年80億ユーロ収入減も=EU制裁(08/12)

露原油、中欧に輸送停止=制裁が決済に影響(08/11)

ヤンデックス、英仏で食品宅配事業を終了(08/11)

【ウイークリー統計】第120回 EUの化学肥料の消費は増加傾向(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン