ポーランド、再ガス化設備の生産能力拡大へ

ポーランドは、北部グダニスク(Gdansk)沖に建設予定の浮体式液化天然ガス(LNG)貯蔵再ガス化設備(FSRU)の生産能力拡大を検討している。ウクライナなど隣国への安定的なエネルギー供給を確保したい考え。モスクワ気候・環境相の記者会見での話を元に、PAPマーケット…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米センプラ、PGNiGにLNG長期供給へ(05/17)

ロシア、欧米のガス事業31社を制裁対象に(05/13)

ホルシム、建材イゾルベット買収で合意(05/13)

再生エネ発電、新規設置容量が過去最大に(05/12)

ポーランド、再ガス化設備の生産能力拡大へ(05/11)

ポーランド中銀、8会合連続で利上げ(05/09)

ポーランド新車登録台数、4月は13.1%減少(05/06)

リトアニアとポーランド結ぶガス導管が稼働(05/05)

露、東欧2カ国にガス供給停止 ルーブル建て支払い拒否で(04/28)

ポーランド、ガスプロムなど露35社に制裁(04/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン