• 印刷する

石油BP、過去10年で最高益 純利益は倍増=紛争受け価格高騰

英国の石油大手BPは3日、第1四半期(1~3月)の純利益(在庫評価変動の影響と特別損益除く)が62億4,500万ドルとなり、前年同期から2.4倍に拡大したと発表した。ロシアのウクライナ侵攻を背景に石油・ガス価格が高騰したことで、四半期ベースとしては過去10年以上で最高益を記録した。

ガス・低炭素エネルギー事業のEBIT(利払い・税引き前利益、在庫評価変動の影響除く)は35億9,500万ドルと、1年前から58.4%拡大。石油生産・運営事業は46億8,300万ドルで、1年前から3倍に増えた。製油や販売の下流事業を行う顧客・製品事業は21億5,600万ドルと、3.3倍に伸びた。

石油・ガスの生産量は日量225万2,000石油換算バレルと、1年前から1.5%拡大している。

BPは2月下旬、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、露国営石油大手ロスネフチの全保有株式19.75%を売却すると発表。これに伴い、255億ドルを減損処理した。なお、当期からロスネフチ事業の生産量や利益などの報告を取りやめている。

BPは第2四半期について、ウクライナ紛争の影響で原油価格の変動リスクが引き続き高まると予想。欧州のガス価格はロシアからの供給に大きく依存しており、見通しは不確実だとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、対露追加制裁を発表=禁輸項目を追加(06/24)

財政収支、5月は赤字縮小(06/24)

決済サムアップ、6億ユーロ弱調達(06/24)

CBI小売売上高、6月は悪化(06/24)

インフレ率、5月は9.1% エネルギー高騰でG7最高水準(06/23)

ルノーと日産、エンジン不具合で集団訴訟(06/23)

英、湾岸協力会議6カ国とFTA交渉開始(06/23)

グレンコア子会社、アフリカでの贈賄認める(06/23)

イネオス、米センプラとLNG長期購入契約(06/23)

イージージェット、スペイン労組がスト計画(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン