• 印刷する

スパイウエア「ペガサス」、英政府が標的に

カナダ・トロント大学の国際問題・公共政策研究所シティズン・ラボは18日、英国の首相官邸および外務省のコンピューターネットワークが2020~21年に、イスラエルのサイバーセキュリティー企業NSOグループのスパイウエア「ペガサス」に感染していた疑いがあると明らかにした。

シティズン・ラボは、これらのネットワークから「ペガサス」が検出されたことを受け、英国政府に通報したとしている。首相官邸のネットワークから検出された「ペガサス」は、アラブ首長国連邦(UAE)の関係者が運用していたとみられる。一方、外務省から検出された「ペガサス」の運用者は、UAEやインド、キプロス、ヨルダンとの関連が疑われるという。

外務省は多くの職員を外国に派遣しているため、感染源は外国製のSIMカードを挿入して国外で使用されている端末機器だった可能性もあるとしている。

「ペガサス」を巡っては21年7月、世界各国の政府が報道記者や人権活動家、野党政治家、財界人、他国の首脳の端末のハッキングに使用していたことが発覚していた。

■スペイン・カタルーニャ州独立派も標的に

シティズン・ラボはこの日、スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立運動に関わる政治家ら少なくとも65人が17~20年に「ペガサス」の標的となっていたと明らかにした。スペイン当局がこれに関与していた疑いが強いとしている。

「ペガサス」は、標的となった人物の携帯電話から検出された。こうした人物には、同州の首相や議員、司法関係者のほか、欧州議会議員や市民団体のメンバー、これらの人物の家族が含まれているという。17年にカタルーニャ州独立の是非を問う住民投票を強行し、昨年にイタリアで逮捕された同州のプチデモン元首相は、スペイン政府が違法なスパイ活動を行ったとして批判している。


関連国・地域: 英国スペイン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

上限価格3カ月ごとに見直しへ 英監督機関、エネルギー高騰受け(05/17)

英政府、新規原発の支援基金に1.2億ポンド(05/17)

水素開発HH2E、英投資2社が出資(05/17)

グリーンコート、洋上風力発電所の権益取得(05/17)

ボーダフォン、UAE社が株式9.8%取得(05/17)

塩野義、英社の感染症薬の開発・販売権取得(05/17)

求人数の伸び、4月はやや減速(05/17)

英運輸省子会社、インドネシアで鉄道開発(05/17)

マレーシア、アストラゼネカのコロナ薬承認(05/17)

公務員9.1万人の整理計画 英首相、歳出削減で減税へ(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン