露の経常黒字、第1四半期は2.5倍超に拡大

ロシア中央銀行は、2022年第1四半期(1~3月)の経常黒字が582億ドルとなり、前年同期から2.5倍以上に拡大したと発表した。ウクライナ侵攻により各国から経済制裁を受けたにもかかわらず、近年で最も高い水準となった。 背景には、石油・ガス価格の高騰がある。欧州諸国はロシ…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米マクドナルド、ロシアから完全撤退へ(05/17)

ルノー、露子会社とアフトバス株を売却(05/17)

ポルトガル政府、ガス価格上限法案を承認(05/17)

豪化学オリカ、露撤退で8500万ドルの赤字(05/17)

越の露産石炭輸入、4月は4.5倍に増加(05/17)

北欧2カ国、NATO加盟申請を正式表明(05/17)

コソボ、欧州評議会に加盟申請(05/16)

スイス、露富裕層の凍結資産を一部解除(05/16)

G7外相会合、ウクライナ危機や食料難協議(05/16)

ロシア、欧米のガス事業31社を制裁対象に(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン