• 印刷する

EU、露航空21社の域内運航禁止=安全懸念

欧州委員会は11日、安全性に問題があるとして欧州連合(EU)域内での運航を禁止する航空会社のリストを更新したと発表した。新たにアエロフロート航空やオーロラ航空などロシアの航空会社21社が加わっている。

欧州委員会のバレアン運輸担当委員は、ロシアの21社をリストに加えた理由について、「同国の一部航空会社が耐空証明を取得していない外国籍の航空機を何百機も運航することを、ロシア航空当局が認めているため」と説明。今回の措置は、ロシアのウクライナ侵攻を受けた経済制裁ではなく、純粋に技術・安全上の理由に基づくとしている。

リストの更新は今回で39回目となり、計117社が対象となっている。うち90社は、航空当局の監督に問題があると見なされるアフガニスタンなど15カ国の航空会社。一方、個別の航空会社としては、ロシアの21社に加え、ベネズエラのアビオール(Avior)・エアラインズ、イランのアセマン(Aseman)航空、イラク航空、スリナムのブルー・ウィング航空、ナイジェリアのメドビュー(Med-View)航空、エア・ジンバブエの6社がリストに名を連ねている。

なお、EUはこのリストとは別に、ロシアのウクライナ侵攻を受けた制裁の一環として、ロシアの航空機がEU領空に乗り入れることを禁じている。また、ベラルーシの航空会社はこのリストには含まれていないが、EUは2021年に同国が旅客機の強制着陸とジャーナリスト拘束を命じた問題を受け、同年6月からベラルーシの航空会社の領空乗り入れを禁止している。[EU規制]


関連国・地域: EUロシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

G7、露凍結資産の活用など協議=財相会合(05/24)

EU、ベラルーシ経由の制裁回避阻止へ(05/24)

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン