• 印刷する

フラッキング規制見直しへ 英、エネルギー自立向け調査依頼

英国政府は5日、フラッキング(水圧破砕法)によるシェール(頁岩)ガス採掘を巡る最新の科学的助言を求め、英国地質調査所(BGS)に調査を依頼した。イングランドでは2019年、この採掘法により引き起こされる地震に対する懸念から採掘許可が停止された。

政府は、シェールガスの採掘が短期的なエネルギー価格問題の解決にはならないとしながらも、ロシアのウクライナ侵攻を受けエネルギー自立が求められる中、エネルギー生産を巡る全ての選択肢を検討すべきだと説明。今回の調査は、政策を支える科学的見解の進展を評価するもので、これにより政府は次の段階について検討することが可能になるとしている。

政府は特に、地震発生のリスクと規模を軽減できる新技術の有無や、こうした技術について専門家が英国での導入に適していると確信できるかどうかといった点に着目している。なお、BGSの調査結果は、今年6月末までに報告される見込み。

石油・天然ガス規制機関の石油・ガス局(OGA)は19年の報告書で、フラッキングによる採掘で引き起こされる地震の頻度や規模を予測するのは不可能と結論付けた。これを受け政府は、今後も地震が発生する可能性は否定できないとして、「地面の揺れに関して信頼のおける予測と管理を実施しない限り、フラッキングに対する許可はこれ以上与えない」ことを決定した。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン