• 印刷する

独仏、エネルギー対策で協力 対ロシア追加制裁の可能性も

ドイツのハーベック副首相兼経済・気候保護相とフランスのルメール経済・財務・復興相は3月31日、ベルリンで会談を行い、ロシアのウクライナ侵攻を受けたエネルギー価格高騰に対処するため、より緊密に協力することで合意した。ロシアに新たな制裁を科す可能性も示唆している。

ルメール氏は会談後の記者会見で「経済的対応で極めて緊密に協力する」ことで合意したとコメント。またハーベック氏は、エネルギー価格高騰が企業に及ぼす打撃の緩和策を検討中と話した。欧州連合(EU)政策専門サイトのユーラクティブによると、両国のエネルギー危機対策はこれまで消費者保護に重点が置かれていたが、今後は企業支援に目を向けるとみられる。

ハーベック氏は、短期的にはフランスと協力してエネルギー集約型産業への支援策を検討する一方、最終的にはEUレベルで水素供給の基幹ネットワークを構築することを目指すとしている。

両国は経済・エネルギー政策での協力に向けそれぞれタスクフォースを設置し、これを通じて日常的に連絡を取り合うとともに、両相間でも週に1度、会合を持つという。

一方、ハーベック氏は対ロシア経済制裁について「これまでの制裁で終わりにするべきではない」とし、フランスと共に新たな制裁を検討中と話した。ただ、具体的な内容には言及していない。

プーチン露大統領がロシア産ガスの支払いをルーブル建てにするよう求めていることについては、両相ともこれを契約違反で容認できないと指摘。ハーベック氏は「プーチン大統領の脅迫に屈しない姿勢をとることが重要」と話した。ルメール氏は、両国ともロシアの要求を拒否し、ロシア産ガスの供給停止に備えるとしている。


関連国・地域: ドイツフランスEU
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、イタリアの観光支援策を承認(05/16)

【今週の主な予定】5月16~20日(05/16)

スペイン、発電所向けガス価格の上限設定(05/16)

コソボ、欧州評議会に加盟申請(05/16)

セキュリティー基準を厳格化 EU、対象を拡大=違反社に罰金(05/16)

G7外相会合、ウクライナ危機や食料難協議(05/16)

OPEC、石油需要見通しを再び引き下げ(05/16)

ユーロ圏鉱工業生産、3月は1.8%減少(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン