• 印刷する

エネルギー料金上限引き上げ 英で1日から、1800万世帯に影響

英国で1日、標準的な世帯が年間に支払う電力・ガスの合計料金の上限が54%引き上げられ、1,971ポンドとなった。世界的なガス価格の高騰を受けた措置で、約1,800万世帯が影響を受ける見通し。BBC電子版などが伝えた。

対象となるのは、「標準変動料金」と呼ばれる割高な料金プランを含め、電力とガスを1社で契約し料金の支払いを銀行自動引き落としで行っている世帯。前払い式の課金メーターを利用するおよそ450万世帯については、年間支払額が708ポンド上昇し、2,017ポンドとなる。

英国では電力・ガス料金の上限は、毎年4月と10月に改定される。今年10月にはさらなる上限引き上げが予想されており、電力・ガス料金が年間2,600ポンドに達する可能性も指摘されている。

英国のシンクタンク、レゾリューション財団は1日、エネルギー価格高騰により一般世帯の実質所得が減少し、10月に再び上限が引き上げられた場合、家計支出の10%以上をエネルギー料金に費やす世帯が全国で500万世帯に倍増する恐れがあると警鐘を鳴らした。

こうした中、英政府は2月、エネルギー料金高騰による家計への打撃を緩和するため、総額91億ポンドの支援策を発表。36億ポンドをカウンシルタックス(住民税)の引き下げに、55億ポンドを電力料金の減額に充てる。


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

<EU環境規制・エネルギー>ドイツの電源構成、再エネ6割に迫る=石炭由来、大きく後退(02/29)

タタ、英南西部に電池工場 26年から稼働=EV向け(02/29)

アストンマーティン、EV発売を26年に延期(02/29)

ポスト・オフィス、現CEOを社内調査(02/29)

日本、英国産チーズなど37品目保護へ(02/29)

発電能力の拡大遅延、エネ安保危機も(02/29)

M&S、4月に10%超賃上げ=4万人対象(02/29)

地方自治体、資産売却が加速=財政危機(02/29)

カリーズ、エリオットの買収提案を再び拒否(02/29)

テムズ・ウオーター、政府救済回避に躍起(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン