資源リオ、ギニアと鉄鉱石開発再開で合意

英豪資本の資源大手リオ・ティントなどは、未開発の鉄鉱石鉱山としては世界最大級のギニアのシマンドゥ(Simandou)鉱山について、ギニア政府と開発再開で合意した。同鉱山の開発を巡っては、関連する鉄道の権益分配などを巡り当事者間で交渉が行われていた。ギニアのマガスーバ鉱…

関連国・地域: 英国アジアアフリカ
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ノリリスク、ルサールと合併協議を開始(07/07)

英シェル、ロッテルダムに水素プラント建設(07/07)

重要閣僚2人が相次ぎ離反 ジョンソン政権、さらなる窮地に(07/07)

BA、人員不足で夏季にさらなる減便へ(07/07)

ロイヤル・メール、管理職2400人がスト(07/07)

シェル、カタールのLNG拡張事業に参画(07/07)

建設業PMI、6月は過去9カ月で最低(07/07)

英新車、6月は24.3%減少 過去30年弱で最低=部品不足響く(07/06)

【欧州企業よもやま話】第360回:レボリュート 割り勘も両替もスマホで(07/06)

独DHL、英国の拠点拡張に計5.6億ユーロ(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン