• 印刷する

EU、ロシアに追加制裁へ 鉄鋼製品の禁輸など=G7と協調

欧州委員会は11日、ウクライナ侵攻を巡るロシアへの追加制裁を発表した。米国など主要7カ国(G7)と協調し、ロシアからの鉄鋼製品の輸入禁止や同国への高級品の輸出禁止、貿易上の最恵国待遇の停止などを導入する。

今回の制裁は第4弾となる。まず最恵国待遇を停止することで、世界貿易機関(WTO)加盟国として享受している優遇措置をなくす。これと併せて、国際通貨基金(IMF)や世界銀行など主要機関にロシアの加盟国としての権利の停止を働き掛けることで、こうした機関からの融資などを受けられないようにする。

鉄鋼製品の輸入禁止はロシアの主要輸出品による収入を阻止するためで、高級品の輸出禁止はロシアの富裕層への直接的な打撃を狙う。また、ロシア政府や新興財閥などが暗号資産(仮想通貨)を使って制裁を回避することも阻止し、G7と歩調を合わせ、プーチン露大統領に近い新興財閥などへの圧力も強める。さらにロシアのエネルギー部門に対する新規投資を禁止。これは、エネルギーの探査・生産のための投資や技術移転、金融サービスなどを対象としている。

今回の追加制裁について、フォンデアライエン欧州委員長は「ロシアをさらに孤立させ、戦争の資金源を枯渇させるもの」と説明している。

なお欧州委は11日、ウクライナに対する12億ユーロの金融支援の一環として、3億ユーロの緊急支援を実施したことも明らかにした。


関連国・地域: EUロシアウクライナ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンデックス、英仏で食品宅配事業を終了(08/11)

【ウイークリー統計】第120回 EUの化学肥料の消費は増加傾向(08/11)

露原油、中欧に輸送停止=制裁が決済に影響(08/11)

<特別寄稿>EUのガス市場の脱炭素化と水素戦略(08/10)

ノルウェー、渇水で欧州向け電力輸出制限も(08/10)

EU、ルーマニアの再生可能水素支援を承認(08/10)

ブルガリア、テック支援などに15億ユーロ(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン